6

変な天気だった。日が出てると思ったらとたんに曇って雨になり、止んだと思ったら雷が鳴った。変な天気によくある日が出たまま雨が降る天気を「狐の嫁入り」と我が家では呼んでいる。何故かはわからない。

 

昼ご飯を食べる。ぶりの塩焼き、味噌汁、ごはん、かぼちゃとれんこんの天ぷら。食べて、けものフレンズを観た。お風呂に入って髪を切るために外に出る。美容師と話すことがないのだが気まずいので適当に話をした。美容師は完全に別世界に住んでるなと感じてしまう。同じクラスだったら絶対に絡むことがない人達だ。理容師の資格を持っていない美容師はカミソリが使えないそうな。使ったら即免許を没収されるらしい。

 

無職の時に毎日通ってた神社に向かった。挨拶し、おみくじをひく。本殿の隣に台がありおみくじをひく時は賽銭箱に100円を入れるシステムなのだけど、しばらく見ないうちに台の上は賑やかになり商売臭くなった。おみくじもだいぶちゃっちいものに変わった。小吉 「言葉どおりにならない世の中でも自分の言葉を信じよ」みたいな内容だった。正月にひいた時は「真実を求めよ」だった。

 

わがままを言って友達に会って貰った。喫茶店に入る。相談もそこそこにEテレの話などした。友人に限ったことではないのだけど、話をするのが難しい。繋がる話題をと思うと焦ってしまう。

 

やたらと人懐っこい猫を見て、深夜のコインランドリーはとても良いという話をしながら帰る。恋人と深夜のコインランドリーに行って、回る洗濯機を2人で黙って眺めたい。そういう情緒がとても好きだ。