5

昨日は良い天気だった。フラットな気分で出社。ほぼ地下を移動するので家から地下鉄までのわずかな青空を眺める。地下鉄は便利だが景色がないのであまり好きではない。仕事は外出が主で、海沿いを走る電車に乗った。電車には人がまばらで、私は深く椅子に座り窓から景色を見ていた。海が見える時間はそんなに長くはないので逃してはならぬという心意気だ。海を見るともどかしい気持ちになる。谷川俊太郎は「あの空のあの青に手を浸したい」と書いていた気がするのだけど、私は現実的な人間なので空よりも海に身を委ねたい。

 

海に潜って海中から海面を眺めるのが好きだ。日差しがキラキラして、泡が上に吸い込まれていく。足に重りをつけて落ち着いて眺めたいのだがたぶん死ぬだろうな。中学の時、塾の先生が巨大なシャコ貝に手を挟まれて脱け出せず、気が付いたら救助されていた話を聞いた。意識を失う前、身体がぐるりと反転し海面を眺める格好になった、挟まれた手から出た血と水と泡と日差しとが混ざりあった情景は酸欠も合間ってたいそう綺麗だった、と言っていた。

 

水が好きで水に関する本をたまに読むのだがたまに珍妙な見解も知ることができる。儒学者の室鳩巣は江戸の町に水道を張り巡らせた結果、地面の気が抜けて土が乾燥し地の息である風が重みを失ってたやすく騒ぐようになったため火災が頻発すると幕府に進言したらしく、しかもこれが通って水道の一部廃止が決定したそうな。 地獄で餓鬼が水を飲もうとすると水が燃え上がり干上がるらしいのだけど、そんな感じなのかな。